Downloads: 30

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
jarps_3_46.pdf483.9 kBAdobe PDFView/Open
Title: <Original Research>At the Head of the Table: The TRPG GM as Dramatistic Agent
Other Titles: <研究論文>テーブルの上座: 劇作論的なアクターとしてのTRPGゲームマスター
Authors: White, William J.
LaLone, Nicolas
Mizer, Nicholas J.
Author's alias: ホワイト, ウィリアム J.
ラローン, ニコラス
マイザー, ニコラス J.
Keywords: Game Master (GM)
Kenneth Burke
Rhetoric
ゲームマスター (GM)
ケネス・バーク
修辞学
Issue Date: 30-Sep-2022
Publisher: 日本RPG学研究会
Journal title: RPG学研究
Volume: 3
Start page: 46
End page: 58
Abstract: This paper uses Kenneth Burke's dramatistic approach to examine the way that the tabletop RPG Game Master (GM) is depicted in a number of different TRPG fan discourse sites distributed over time. The result of the analysis is a “rhetoric of the GM” comprising a fourfold typology of understandings of the referee role, labeled as “Fan, ” “Challenger, ” “Grown-Up, ” and “Demiurge, ” based on contingencies of dialogic versus monologic and adversarial versus non-adversarial orientations to the player-GM relationship.
本稿では, ケネス・バークの劇作論的アプローチを用いて, 時系列に分布する様々なTRPGファンの言説サイトにおいて, 卓上RPGのゲームマスター(GM)がどのように描かれているかを検証した. その結果, プレイヤー・GM関係における対話的対単一的, 敵対的対非敵対的な方向性に基づき, 「ファン」「チャレンジャー」「成長した者」「デミウルジ」の>つのタイプに分類されるレフリー役の理解から「レトリック・オブ・ザ・GM(ゲームマスターの修辞学)」を作成することに成功した.
Rights: This work is licensed under a Creative Commons Attribution 4.0 International License.
この作品はクリエイティブ・コモンズ表示4.0国際ライセンスの下に提供されています.
DOI: 10.14989/jarps_3_46
URI: http://hdl.handle.net/2433/276510
Related Link: https://jarps.net/journal/issue/view/4
Appears in Collections:Issue 3: The Master with a Thousand Faces: Game Mastering, Organizing, Plotting, and Running Analog Role-Playing Games

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


This item is licensed under a Creative Commons License Creative Commons