Access count of this item: 1864

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
edsy0606.pdf844.52 kBAdobe PDFView/Open
Title: 映画の「戦後総力戦体制」
Other Titles: Total war system in the postwar film
Authors: 赤上, 裕幸  KAKEN_name
Author's alias: Akagami, Hiroyuki
Issue Date: 31-Mar-2007
Publisher: 京都大学大学院教育学研究科生涯教育学講座
Journal title: 京都大学生涯教育学・図書館情報学研究
Volume: 6
Start page: 43
End page: 52
Abstract: GHQ(General Headquarters、連合国総司令部)による占領期から特にその終結期にかけて「戦後反戦映画」が多数作られ、興行的にも大きな成功を収めている。1950年の『また逢う目まで』、『暁の脱走』、『きけわだつみの声』、1953年の『ひめゆりの塔』、『君の名は(第1・2部)』、1954年の『二十四の瞳』、『君の名は(第3部)』などがそれにあたる。 これらの反戦映画が、戦時中の映画体制との関わりの中で語られることはほとんどない。しかし、戦意高揚映画が多数作られ戦争に邁進していった戦中と、反戦映画が多数作られ平和国家建設に邁進していった戦後と、一体どれほどの違いがあるというのだろうか。近年のメディア史研究においては、戦前戦後の間に「断絶」ではなく「連続性」が存在すること、すなわち戦後のマス・コミュニケーション学のパラダイムが、戦中の総力戦体制に由来するということが指摘されている。 本論文では、この「総力戦の継続」という視点に着目し、占領期を中心とした時期(1945年~54年)を「戦後総力戦体制」と定義し、戦中も含めたメディア史の流れの中で、いかに「戦後反戦映画」を位置付けることができるかに重点をおいて分析していく。
URI: http://hdl.handle.net/2433/44031
Appears in Collections:第6号

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.