Access count of this item: 169

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
KJ00004705080.pdf599.11 kBAdobe PDFView/Open
Full metadata record
DC FieldValueLanguage
dc.contributor.author坂口, 文則ja
dc.contributor.alternativeSakaguchi, Fuminorija
dc.contributor.transcriptionサカグチ, フミノリja
dc.date.accessioned2010-02-08T09:05:55Z-
dc.date.available2010-02-08T09:05:55Z-
dc.date.issued1997-10-20ja
dc.identifier.issn0525-2997ja
dc.identifier.urihttp://hdl.handle.net/2433/96158-
dc.descriptionこの論文は国立情報学研究所の電子図書館事業により電子化されました。ja
dc.description.abstract線型作用素Q-ikP^<-1>の固有状態の波動関数系はコーシー・ウェーブレットからなるover-completeなウェーブレット関数系を成すことが知られているが、この関数系は、テンソル積によって合成系に議論を拡張したとき、運動量の逆数と位置の同時固有状態からなる直交完全系となるようにとることができる。本研究では、その具体的な拡張法を提案し、付加系上でどのようなベクトルと内積をとれぱもとのコーシー・ウェーブレット関数系が得られるかを示す。さらに、その応用として、互いに非可換な運動量の逆数と位置の同時量子測定のナイマルク拡張について述べる。また、これらの関係はコヒーレント状態の場合の合成系への拡張と深いアナロジーがあるが、両者の類似点と相違点を指摘する。ja
dc.format.mimetypeapplication/pdfja
dc.language.isojpnja
dc.publisher物性研究刊行会ja
dc.subject.ndc428ja
dc.title「合成系上の同時固有状態」としてのコーシー・ウェーブレット : 連続ウェーブレット変換の"ナイマルク拡張"(第4回『非平衡系の統計物理』シンポジウム,研究会報告)ja
dc.type.niitypeDepartmental Bulletin Paperja
dc.identifier.ncidAN0021948Xja
dc.identifier.jtitle物性研究ja
dc.identifier.volume69ja
dc.identifier.issue1ja
dc.identifier.spage123ja
dc.identifier.epage133ja
dc.textversionpublisherja
dc.sortkey014ja
dc.address福井大学工学部ja
Appears in Collections:Vol.69 No.1

Show simple item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.