Downloads: 277

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
R.H.E_024_091.pdf808.55 kBAdobe PDFView/Open
Title: <ショートレポート>メディア情報リテラシーのパフォーマンス評価の開発
Other Titles: <Short Report>Development of Performance Assessment of Media and Information Literacy
Authors: 飯尾, 健  KAKEN_name
溝口, 侑  KAKEN_name
香西, 佳美  KAKEN_name
大森, 俊典  KAKEN_name
渡邊, 智也  KAKEN_name
平山, 朋子  KAKEN_name
小山, 理子  KAKEN_name
松下, 佳代  kyouindb  KAKEN_id  orcid https://orcid.org/0000-0002-2665-6978 (unconfirmed)
Author's alias: Iio, Ken
Mizoguchi, Yu
Kozai, Yoshimi
Omori, Shunsuke
Watanabe, Tomoya
Hirayama, Tomoko
Koyama, Ayako
Matsushita, Kayo
Keywords: メディア情報リテラシー
大学生
パフォーマンス評価
ルーブリック
SNS
Media and Information Literacy
University Student
Performance Assessment
Rubric
Issue Date: 1-Dec-2018
Publisher: 京都大学高等教育研究開発推進センター
Journal title: 京都大学高等教育研究
Volume: 24
Start page: 91
End page: 94
Abstract: 本研究では, 今後のメディア情報リテラシー(MIL)の評価に向けた示唆を得るため, MILのパフォーマンス評価の開発と大学生への実践を行った。提示された状況において自分が取る行動とその理由を自由記述する形式の課題および評価用ルーブリックを開発し, 大学生に実施した結果, ほとんどの解答がレベル1に集中したほか, 評価不可能な解答も目立った。その要因として, 状況説明が冗長で誤解・誤読が相次いだこと, 学生が解答として解釈しうる範囲が広すぎたこと, その一方で評価用ルーブリックを用いて評価可能な解答の範囲が限られていたことが挙げられた。
URI: http://hdl.handle.net/2433/241253
Appears in Collections:24号

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.